ライバルは誰なのか?

スポンサーリンク




あなたのライバルは誰??

フリーランス業界でお仕事をしていると

同業や、同じ個人で活躍されている方を目にする機会というのはよくあるわけです。

しかし、私は器の小さな人間なので、すぐにライバル視をしてしまい

自分と人とを比べてしまい

「なんであの人ばかり活躍しているんだろう」

と、ちょっと落ち込んでいるときに僻む体質がちょっとあります。

...しかし、今になって思います。

”ライバル視しているうちは、まだまだやね”

勿論、適度なライバル視や

「この人のこんな戦略素敵だな!!」

って良いところを見つけるのは良いのですが

「私の方が優れているのに!!」

という負け惜しみからは一時的な安心感しか得られないです。

では、どうすれば良いのか...それは

「ライバルがどう優れていて上手くいっているのかを分析する」のです。

だって、良いことがあるからお仕事が来ているわけですからね。

例えば、Aさんという方が”美人すぎる〇〇”という戦略で功を奏しているならば

自分は〇〇すぎる××を目指せばよいのです。

そこで、「私なんて美人じゃないし」と同じ土俵で戦おうとするから僻むのです。

自分なりの何かを探せばよいのではないでしょうか?

横は見なくて良い。実はそこ関係ない

さて、ライバルが気になるならば

どこがどう凄いのか分析すればいい」

ということを伝えましたが

そもそも「気にする必要」なんてないのです。

気にするだけ時間の無駄です。

人を気にして悶々と落ち込みたいのであれば構いませんが

フリーランスって、時間=お金です。

その悶々とした時間も稼げばよいじゃないですか。

相手を気にしてイライラしている間に

その相手はどんどん上昇し続けているわけですよ。

どんどん稼いでいるわけですよ。

だったら、その間に自分がより良くなる為のことをした方が良いのでは?

つまり、ライバルは誰でもない。

何故、ここまで強くいうかというと

私自身が、器が狭く人を気にして思い悩むような人間だからなんです。

ウジウジと「〇〇さんいいよね~」って羨ましがる癖があったのですが

今になって思うと、その時間って「生産性がほんっとない!!!」んですよね。

ちなみに、今は聖人君子のように誰のことも気にしないかと言われれば

正直そんなこともありません笑

嗜好のクセなので、未だにそうウジウジ悩むこともありますが

生産性がないことも、無駄なことも学んだので

その時間は...「かなり減りました」

かなり減ると、気持ちがすごく楽になります。

楽になるとお仕事もしやすくなるし、自然と増えます。

〇あなたのこれまでの人生、色んなことがあったかも知れません

〇すさまじい情熱でお仕事をされているかも知れません

〇誰よりもクオリティに自信もあるかも知れません

だけど、ライバルは誰かではありません。同業の誰かが活躍したからって

あなたの仕事が減ったと考える必要はありません。

逆に「この仕事の知名度あげてくれてありがとう!」

なのですよ。

わざわざ、仲良しグループ作って

”みんなで協力してやっていこう!”

みたいな事までは別に思いませんが、気にする必要もない。

非難し、否定する心は結果、自分を苦しめる。

人も良し! 我も良し!

でOKなのです。

ライバルは、人ではなく自分自分自身なのです。

‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵

◆「あなたのお食事サポートをします!」

栄養分析レポートコースはコチラ

◆「転職?!フリーランス独立?!キャリアアップで悩んでる?」

キャリア相談コースはコチラ

The following two tabs change content below.
本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。