フリーランスの為のSNS活用術②残念なブログの書き方

スポンサーリンク




残念なブログの書き方について

ブログで何か情報や考えを発信することで

お仕事に繋がるというのは、もう何年も前から誰かが言っていますし

事実です。

しかし、書いている人も多い中で実際にそれでお仕事になるかどうかは

「書き方」もポイントとなってきます。

そこで、私が今までやってきたブログの書き方についてをご紹介していきます!

まずは、ダメな例から挙げていきます。

①ただの日記

このパターンが一番多いのですが

「今日は、どこどこに行きました、こうでした。まる」

みたいな内容ばかりだと、ただの素人さんの趣味レベルです。

勿論、普段何かの情報を発信しまくって

時々載せるプライベートはその人の人柄が出て良いのですが

人の日記を読んでいて面白いことはあまりありません。

(中には本当に面白い人もいますが)

しかも、ただの日記なのに有名人ぶって

「更新遅れてすみませーん」とか「明日、お伝えしますねー」

とかプライベートな内容を言ったり自撮りしたりしているのは寒すぎます。

逆に、あまりにもそうだとネタとして面白いのですが笑

②書き方が若すぎる

例えば料理のレシピをブログに投稿する場合に

それで仕事をしたいのであれば

「これ、ちょ~~~おいしかったの!激うま」

とか、もし堅いお仕事の方が書いたら読んでいる人は驚きます。

それもキャラ設定として成立していれば問題ないのですが

仕事上での設定と書き方をちゃんと統一しましょう。

③ネガティブな内容ばかり書いている

これも、読んでいる人は驚きます。

「今日。辛すぎて、手首切りました」

とか、もう読みながら心臓バクバクなります。

メンヘラちゃんな文章もある意味面白いちゃ面白いのですが

それでお仕事になるか...というとちょっと疑問です。

でもメンヘラの領域もきっとあると思うので

やるならばちゃんとそこ決めて貫いてください笑

開き直るのって勇気要るけど、文章が格段に面白くなります。

④自慢ばかり

「今日は~、大好きな~マダムと~〇〇ホテルでディナー」

とか、時々ならいいと思うんですね。

その時の食材がこうでああで、料理方法がこうだったから美味しかった

とかだったらいいのですが

こういつもいつもセレブ自慢とか、なんかそういうのばかりだと

読みたいとは思わないわけですね。

ここでも言いますが、やるならそのキャラ設定をもうちゃんと決めて突き抜けてください!

もう毎週のようにブランド品を購入して、月2,3回海外旅行行ってファーストクラスとか

やるなら徹底的に突き抜けて!笑 突き抜けたらもう嫌味じゃなくなるから。

過ぎると逆に面白いから!

【ポイント1:やるなら徹底的なキャラ設定を】

例えば善人ぶって「人の為に~」「みんなの幸せのために~」

とか言ってるなら、そこで自撮りしまくってゴージャス自慢しまくるのは中途半端なので

だったら叶姉妹くらいのキャラ設定で

「私はわたくしの美と快楽の為に書いてるでござぁーます」

くらいやればいいと思います。

取り繕って自分の醜いところを隠しまくると読んでいて気持ち悪くなるので

出すならば、もう出しちゃって「そんな人」になれば良いと思うんです。

それくらい突き抜けた方が、お仕事にもつながりやすくなるのではないでしょうか。

つまり、大事なのは自分の人柄や文章やキャラを”客観的に見れる”という姿勢なのです。

【ポイント2:読んでいる人の為になるか面白いか】

あくまで私の意見ですが、今まで挙げてきたブログのポイントって何かというと

「(自分)が目立つことばかりを考えているか」

「(読者)が楽しいことを考えているか」

なのではないかと思います。

芸能人や有名人だったら、日々の状況でもファンは喜びます。

だけど、無名だったら読んだ人が「読んで良かった!」「面白い」って思えるような

そんな書き方が必要なのでは?と思います。

とは言え、最初からそこまでハードルを上げると書き出しても

「何を書いていいのか分からないスランプ」

に陥るので、「人に喜んでもらいつつ自分も楽しい」ようなこと

を見つけ出していい塩梅で書けば良いと思います。

読んでいる人は、そこに「愛」「思いやり」があるのかどうかなんて

すぐわかりますからね!

と、上記の1~5までの残念な書き方を過去にやっていた私がお伝えしました笑

The following two tabs change content below.
本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。