レンジで簡単「カボチャのポテサラ」

スポンサーリンク




まだまだ肌寒い日が続きますが、寒いだけで料理する気力も失われたりしませんか?

それでも作らなければいけない!そんな方に朗報です。

ジャガイモよりもっと簡単に作れてベータカロチンを摂取できる「カボチャのポテサラ」

をご紹介していきたいと思います♪

カボチャのポテトサラダの材料は?!

今回私が提案するカボチャのポテサラは、野菜もたっぷり加える

「野菜ポテサラ」にしたいと思います。

カボチャのポテサラレシピ(2人分)

〇かぼちゃ:1/4玉

〇きゅうり:1本

〇玉ねぎ:1/2玉

〇ミニトマト:5~10個

〇水菜:適量

〇くるみ:10粒

〇マヨネーズ:適量

〇レモン汁(もしくはお酢):大さじ1

〇塩コショウ:少々

あとは、お好みでハムなどを加えても良いですね!

カボチャのポテトサラダの作り方は?!

作り方はとっても簡単です。

①カボチャの皮をむいてレンチンする(目安:500Wで6~7分)

②水菜を5cm程度にカットし、きゅうりと玉ねぎを薄切りにし水さらしする

③火の通ったカボチャをつぶして、きゅうり、玉ねぎ、マヨネーズ、レモン汁、塩コショウで味を調える

④器に水菜とミニトマトを並べ、その上に③を乗せる。上にクルミを乗せて完成。

なぜクルミを乗せるの?!

ちなみに、今回クルミをトッピングした理由は食感と香ばしさを出す為なんです。

ナッツ類は甘さと香ばしさが追加されるのでサラダにトッピングされると風味アップして美味しいですよ!

カボチャの栄養価は?

カボチャには主にβカロテンというビタミンが含まれています。

βカロテンは、皮膚や粘膜の保護を行ったり呼吸器系の健康を維持する働きがあると言われています。

肌が乾燥しがちな方に、私はおススメしているビタミンです。

またミネラルの一種であるカリウムも含まれています。

カリウムは、利尿作用があると言われています。

また、カボチャにはお肌を潤したい方におススメのビタミンEも含まれているんです。

なので私は「美肌ならカボチャ」とよくお客さんにおススメしています。

カボチャのポテサラのアレンジ方法は?!

さて、このカボチャのポテサラですが

例えば...マヨネーズではなく「胡麻ドレ」を使って

「カボチャの胡麻サラダ」にしても美味しいですよ♪

また、マヨネーズの代わりにヨーグルトを使ってもさっぱりとして美味しいです。

もっと細かくペースト状にして、クラッカーの上に乗せると「カナッペ」になりますよね♪

あと・・・大変カロリーは高くなりますが

大量につくったカボチャサラダに牛乳を少々加えてなめらかにし

上に「とろけるチーズ」を乗せて焼くと→カボチャグラタンも作れます!

(その際は、最初からマヨネーズ控えめにしておくと良いでしょう)

しっかりと味がついているので、大皿で焼くよりはココット皿などに入れて、小鉢の1つにすると良いですね!

是非、お試しください♪

The following two tabs change content below.
本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。