見えない誰かと闘うクセがあると無駄に辛いし忙しい。

スポンサーリンク




見えない誰かと闘っていませんか?!

昨年、婚活の記事で書いたことがありますが

【婚活】私はこんな見えない女と闘っている。

私は昔から、「見えない誰かと闘ってしまうクセ」がありました。

なので、よく”負けず嫌いだね~”とか”ほんと気が強いよね~”

って言われます。特に男性に言われます。

なんかもうそういう思考回路になってしまうクセみたいです。

確かにこの「知らない誰かと勝手に闘ってしまうクセ」

フリーランスとしてやっていくいくためには必要な”きっかけ”だったかも知れません。

見えなくても、”もっと上には上がいる”って考えることでもっと成長したい!

頑張らなきゃ!!もっと向上していこう!って思えたからです。

だけどね...この「闘いグセ」って、無駄に疲れるし辛いことにようやく気づいたんです。

「食育子 VS ゆるふわちゃん」

分かりやすい例で言うと、やっぱり昨年の記事で書いた永遠のライバル「ゆるふわちゃん」です。

(特定の誰かではなく、可愛らしいほわんとした女性全般です)

私は学生時代から街を歩いていてゆるふわちゃんを見ては、心の中で中指突き立てて

相手は何も私にしていないのに

食育子
「くっそ~!おめぇには絶対負けねーかんな!!!雑草魂で生き抜いてやっからな!」

って勝手に喧嘩売ってました。

(ひどいですよね。そりゃブスになるわ。笑)

だけど、ゆるふわちゃんって、性格も良いし物言いも優しいから

「すごいよねぇ~頑張ってるね~わたしなんてぜんぜんだよぉ~」

って、可愛い赤ちゃんを抱っこしてイケメンでお金持ちで優しい旦那さんの横で微笑みながら(妄想の中で)言うので

私はもうコレっぽっちも太刀打ちできないんです。

超余裕なんです。

自分ばっかりなんだか必死に負けじと戦っているけど、相手にされていないんです。

これって、めちゃくちゃアホくさいこと

だと、やっと気づいたんですね。

もう勝ち負けの段階じゃないでしょうって。

勝ち負けとか考えているうちは、そこまでの人間だよなと。

だから今年の目標は「闘わない」ことにしてみた。

同じように、見えない誰かと闘ってきちゃった方ってきっといると思うんですよね。

男性も女性も関係なく

「世間」とか「昔のクラスメイト」とか「親世代」とか、きっとそういうのあると思うんです。

そのおかげで、すごく頑張ってこられたと思います。

だけどね、めちゃくちゃ闘うのって疲れますよね。

”見返してやる~!”のエネルギーって確かに強いんですけど、自分自身もすごく消耗しちゃうんですよね。

勝手にヘトヘトになっちゃうんです。

恐らく、向上心あるように見せかけて

向いている方向が「過去」だったりして「今」を生きていないからなんでしょうね。

過去の自分の傷を癒すための今になっちゃっているから

結局、今を満足できなくなっちゃって誰かを敵にしちゃうんでしょうね。

それを繰り返していくと

顔つきも厳しく変わってくるし、目もツリ上がっていくような気がします。

ますます人が近寄りがたくなって、本当に目指したい「心穏やかで素敵な自分」から遠ざかるような気がします。

なので、今年の目標は「見えない誰かと闘わない」ことにしました。

闘う必要のないことで、体力を使わない。

それよりも「見えない誰かの力になる」ことをしていきたいなって思います。

闘って勝ったところで、だれも喜ばない。

一瞬の自己満足など嬉しくない。

それよりかは、誰かに喜んでもらえること、助けられることを考える。

なんだかそっちの方が、もっと力が出せそうですよね。

いや、むしろそちらの方が自分一人の力だけでなく色んな人と協力していけそうな気がします。

それでも、まだ見えない誰かとすぐ闘ってしまうけれども

こんな目標をかっこつけて立てた私ですが

やはり、恵比寿あたりをうろついていると(リアル笑)

何だか知らない誰かと勝手に心の中で闘ってしまうクセはすぐには抜けません。笑

(可愛い人いっぱいいるし)

だって、それ「クセ」だからそんな簡単に治るもんじゃないですからね。

だけど、少しずつ”闘わない”ようにしていこうと思っています。

そしてその代わりに見えない誰かの助けになることや喜ぶことを考えたい。

きっと、勝ち負けだけでは見ることができない景色がそこには広がっていると思うんです。

何より、自分が楽になれますしね!

The following two tabs change content below.
本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。