【ネタバレあり】30代独身女性が「バチェラージャパン(シーズン1)」を観て学んだこと。

スポンサーリンク




今更ですが、バチェラージャパン(シーズン1)を観ました!

バチェラーは、昨年から日本バージョンの配信が開始されたときからずっと気になっていたのですが

また今月からバチェラージャパンのシーズン2が配信開始になったことがきっかけで

「ちょっと観てみよう」

と軽い気持ちで見始めたわけです。

そして...まんまとハマりましたよね!!!!笑

 

【バチェラージャパンの簡単なルール】

高スペックなイケメン独身男性が25名(シーズン2は20名)の美女の中から結婚相手を探すという

壮絶な婚活サバイバル番組です。

毎回ごとに、1~3名の女性が落とされていく

(まだ残って欲しい女性にはバラの花が渡されるが、落とす女性にはバラが渡されない)

という、非常にシビアなドキュメンタリーなのです。



【バチェラジャパン:シーズン1の独身男性】

シーズン1は、久保さんという東京大学大学院卒で実業家のイケメン独身男性だったのですが

話し方がさすが経営者!!

という感じの、柔らかな口調で落とす女性のことも傷つけないように配慮してくれます。

(ただ、みんなに優し過ぎて、後半女性たちが混乱してしまいます)

【バチェラーって女性同士の醜い争いはあるの?!】

さて、私がまだバチェラーを観ていない方にバチェラーの話をすると

友達
えーバチェラーって女の酷い争いばかりなんでしょ?

 

と言われることもありますが、実際に...あるっちゃあります笑

確かに女同士の怖い争いとかも有りますが

まぁそこは番組を面白くする為だとか、女性目線だと「もし最後の方までに残れたら名前が有名になるのかも?」

とか考えたらそりゃ、ちょっとした争いはある程度想定内ですよねー。

(嫌われ者キャラでも、世間に印象を残せば、番組が終わってからのお仕事は色々あるでしょうし)

...しかし、私は正直そのドロドロ争いの方ではなく最も興味があったのは

「どんな女性が選ばれていくのか」という視点です。

色んなタイプの女性がいるので、自分と似たキャラの人を当てはめて

「あ~!!だから私は大体2,3回目くらいで離脱(バチェラー的にいうと)するんだ!!!」

というのを分析すると面白かったです!!笑

是非、こんな目線で「自分だったらどうするだろうか?!」という想像しながら観てみてください♪




【30代独身女性としてのバチェラーの楽しみ方】

 

①男性が第一印象でどんな人を落とすのか(1~2話当たり)

バチェラーの初回は25名の女性がいましたが、最初は正直「ルックスがタイプかタイプじゃないか」

で落としているように思います笑

初回でほとんど会話をしていないはずなのに、落とされている女性は恐らく

ルックス的にバチェラーのタイプではなかったのでしょう。

視聴者側も「あー、この子は多分全体的なルックス的にいうと見劣りするから落ちるだそうなー」

って何となくわかります(一般人でいうと可愛い方でも、タレントさんが多く参加していますから仕方ない)

ただ、シーズン1の久保さんの場合は恐らく見た目だけで落とすというよりも

「話したときに感じ悪そうな人」を落としていそうな気がしました笑

(レースクイーンの方とか、見た目は可愛かったもん)

「たぶん、見た目がタイプじゃなかったんやな~」っていうのは、シーズン1よりもシーズン2の小柳津さんの際に

より顕著に確認できるので、シーズン2も是非観てほしいです♪笑

≪関連記事≫

【7話までネタバレ】30代独身女性がバチェラーシーズン2から学んだこと

②自分に対して本気そうかどうか(3話以降)

さて、3話以降になると初代バチェラーの久保さんは

「この企画に本気かどうか」で選んでいるように見えました。

さすが経営者!!という気がしましたね。何だか正直中盤くらいまでは

”本気でこのプロジェクトを面白くしようとしている人”を選んでそうな気がしたので

久保さんって根っからのエンターティナーなのだと思っていました。

ただ、婚活目線で言うとココが

「ちゃんと俺に興味がありそうか?」

「付き合う気があるのか」

「結婚する気があるのか」

というヤル気チェックの段階なのでは?!と思いました。

例えばですが、実生活で例えますと

デート中に「つまんなそう」とか「会話がかみ合わない」とか

「この子、実は結婚そんなに本気でしたいわけじゃないのかも?」

とかそういう部分でふるいにかけられるのでは?というイメージですね。

③【ショックだけと本当!!】会話が楽しいだけでは落とされる(後半)

さて、後半に差し掛かると、段々と「女友達枠」落とされていくんですね。

例えばバチェラー1のKONANさんなどが、そうなのかな?って思っていました。

(それかスケジュールの都合か笑)

 

女性陣の中でも特に毒もなく

バチェラーにガツガツ行くわけでも抜け駆けをするわけでもない

明るい女友達みたいなタイプは結局「友達」どまりで除外されていくのかな

と、思いました。

(こわーーい!!!めちゃくちゃこわい~!!)

なので、最終的に残った数名とかはやはり芯が通った方ばかり

必ずしも皆残っている子が「性格がいいこ」というわけでは無さそうな印象です。

④ガンガンこない子がちょっと積極的になると良い効果が(終盤)

さて、終盤に差し掛かると、ここまでほとんど積極的に動かなかった

可愛い妹系の女子大生、蒼川愛さんがやっと動き出すんですね。

それまでは、色んな女性陣が積極的に動きまくって

「私と話しましょ!」

「いや、次は私と!!」

「あなたはデートしたから良いでしょ~!」

と皆が女同士でバチバチやっている中で

特に動かなかった愛さんですが

久保さんが女性陣に詰め寄られてピンチになっている時に

「久保さんが責められて可哀想だから、連れていきますね♪」

と見事な爽やかさでハヤブサの如く奪っていきました。

きっとバチェラーの中でも愛さんは(たぶん超タイプそうだし)気になってはいたと思うのですが

ガツガツ来ない気になるあの子がやっと来てくれた喜び

で、恐らく久保さんの恋心により火が付いたのではないかな?と思います。

(愛ちゃんは天然で駆け引き上手なんでしょうね)

つまり、愛さんから私が学んだのは

「ガツガツし過ぎないけれど、タイミングは見計らう」

という、慎重さです。

受け身過ぎて全く動かなくて何を考えて居るのか全く分からないタイプ

ガンガン自分から動きすぎて引かれる肉食タイプ

両極端な婚活女子が多い印象なので、愛ちゃんみたいな

「好意は見せつつ、でもガンガン来るわけでもないけど、でも要所ではブッこむ」

みたいな賢さもアリなのかなと思いました。

(あと、愛ちゃんどのカットで見ても姿勢が良かった。

しぐさも女の子らしく、育ちの良さが際立っていた。)

ま、そもそも愛さんめちゃくちゃ可愛いですけどね!笑

⑤知性は必要ないらしい?!

さて、今回バチェラージャパン(シーズン1)を観ていて、選ばれていく女性の雰囲気から

久保さん自身は女性を選ぶ際に「頭の良さや知性」を気にしていないんだろうな

とちょっと思っちゃいました。

(久保さん自身が頭いいから、相手に求めていないのかな)

例えば、TOP3まで残った古賀あかねさん

モデルさんというだけあってスタイル抜群で、美人さんなのですが

私が男性だったら選ばないタイプですね。

理由が、語彙力の少なさ...彼女の話し方にまったく知性を感じられないのです。

「すごーーい」

「うれしーーい」

「やばーーい」

という言葉ばかりを、語尾伸ばしながら

「久保っちわぁ~~~」「私がぁ~~~~」

という話し方だったので、若いとは言え”お嫁さんとして選ぶ相手なのか?!”と

不思議に思っていました。

(でも古賀さんは、とてもポジティブで前向きな発言が多かったのでそこが居心地よくて魅力だったのだと思います)

しかし、男友達に聞いてみると

「頭良くても、論破されたり、自分のことを指摘されたりするよりマシ」

と言っていたので

知性よりも表現の可愛らしさの方が魅力なのかな

と勉強になりました。

ま、嬉しいことを嬉しいと喜ぶことは真似できそうですよね♪



 

【30代独身女性が最後の方まで残った女性から学んだ話し方】

さて、私がこのバチェラー(シーズン1)を通して学んだことは他にもあります。

それがデート中の、男性への態度・話を聞く時の態度です。

バチェラーを観ていると、残った数人の女性たちには共通点がありました

1:常に笑顔(森田さんの笑顔とても素敵だった)

2:バチェラーがやってくれたことに大袈裟によろこぶ

3:うん、うん、とバチェラーの話を素直に聞ける聞き上手

 

これ観ながら、普段の自分の喋り方を反省しましたよねー。笑

美味しいときとお金の話のときしかオーバーに喜ばないし

口調も強めで話し方キツいし、あんまり相手の話聞かないし、すーぐ話の途中で口挟むよねー

そりゃあ、相手は居心地悪いし疲れるだろうな(ごめんな)と、バチェラーの女性たちから学ばせて貰いました!!笑



【まとめ:すべての仕草は真似できないが得るものはある!!】

というわけで、今回はバチェラージャパン(シーズン1)を観て私がとても参考になった点をまとめてみましたが

シーズン1に関しては、残す人選が「番組を面白くする」目的だった可能性も否めないので

必ずしも”こうしていたら選ばれる”とは決めつけられない感はありますが、それでも同性から見ても

「この子の仕草、可愛い!」とか

「こういう女性が好かれるのね!」とか

いつもなら拒絶反応を起こしそうなところを

めちゃくちゃ素直な目線でみることで非常に参考になりました。

30代独身女性だとついつい

「こんなの若い子や可愛い子しかできないじゃん!私には無理よ、どーせ男なんてさ」

といじけてしまいがちですが、100%真似できなくっても

それでも、取り入れられる部分ってあると思うんですよね。

確かに30過ぎて柏原さんのようなぶりっ子はキツいですが笑

(1回目観た時は、彼女にすごくイライラしましたが笑)

だけど、彼女もよく観ていると「話し方が柔らかい(優しそうにみえる)」んですよね。

根本的な性格は良いのかよく分かりませんが、私が男性なら「可愛らしくて、話しかけやすそうだな」って思いました。

その取っつきやすさや、受け入れてくれそう感も魅力なんだろうなと思いました。

なので、バチェラーを観ながら是非そんな 選ばれていった女性たちの「態度」とか「しぐさ」とか「立ち位置」をチェックして

自分の態度と照らし合わせてみると、新たな発見があって面白いと思いますよ!

最新のバチェラー2(小柳津さんがバチェラーのやつ)もよりリアルな男性心理出ているので楽しみです♪

バチェラーはAmazonプライムでしか観れないみたいです↓↓

☆既にAmazonプライム会員の方はすぐ見れます!

 

金曜日の配信がとても楽しみです。




≪関連記事≫

【7話までネタバレ】30代独身女性がバチェラーシーズン2から学んだこと

The following two tabs change content below.
福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。