30代になって相席居酒屋に行った話。

スポンサーリンク




30代になって相席居酒屋に行った話でもしましょうか。

失恋したばかりの頃、同い年で元ギャル(現OL)のお友達からいいタイミングでLINEが。

ギャ「ね~、相席屋か街コンいこーよー」

私「ええよー!」

というわけで、都内の相席居酒屋へ30女が繰り出しました。

相席居酒屋のシステム

「いったことなーい!」

という人も多いので、簡単にシステムの説明をしておくと

テーブル席に、初対面の男女たちがだいたい”2VS2”で座り

初対面ながら、お話を出来るというスタイルです。

(3人の時もあります)

出会いを目的としているので、シャイな男性でも公然と女性とお話をすることが出来ます。

基本、女性は無料です。男性は30分単位で数千円くらいだそうです。

相席居酒屋の年齢層はどれくらい?

私も行くまでは、若干躊躇していました。

しかし...行ってみると

やっぱりゆるふわ巻き髪系の20代ばかりで

あ、30代混じってごめんな...なんか、ごめんな」

となりました。

店内を見渡す限り、24歳~38歳くらいの男性陣が多い印象です。

女性は22歳~32歳くらいでしょうか。

(赤坂には30代オーバーの相席居酒屋もあるそうですがまだ挑戦したことありません)

相席居酒屋の料理やお酒のクオリティは?!

ちなみに、お酒のクオリティは正直な話...そんなに高くはありません。

生ビールも発泡酒ですし、焼酎とかもよくわからないやつです。

しかし、女性は無料なので何も文句言えません。

お料理も基本はバイキング形式ですが、冷めてカピカピになった料理が多いので

ポテトフライと枝豆が神のように有難く感じました。

ただ、お料理に関しては「オーダービュッフェ」式を採用している店舗もあって

そこでは

出来たての、普通に美味しいお食事が出てきます。

アツアツのグラタンや、揚げたての唐揚げとかも食べられるんですよ!

相席居酒屋に入ってから、マッチングするまでの時間

 

私が友達と行ったときは、17時とか敢えてめちゃくちゃ早い時間に入りました。

なぜならば、恐らく男性たちはまだお仕事が終わっておらず

ゆっくりとお食事をしながら、女子トークができると考えたからです笑

”一番ノリ♪”と思ってお店に入ると、私たち同様に

「ご飯と女性会を無料でやったるぜ!」

みたいな女性たちで既に10組ぐらい埋まっていました。

皆、考えることは一緒です。

(20代前半ばかりやったけど)

女子会だった時間は、30分から60分くらいでした。

入店時に年齢を申告するのですが、同年代同志で基本マッチングするっぽいので

どんどん若い子たちからドナドナ~と売れていくのを

バクバクと料理を食べながら30代の私たちは見守っていました。

ちなみに、入店時に「ご年齢は?」と聞かれた時

つかさず、ギャルちゃんが「27歳!」

とサバを読んだ時は思わず吹き出しそうになりました。

遂に、相席のタイミングがきたっ!

さて、しばらく待ったら遂にマッチングの時になりました。

店員さんから「男性のお客様がいらっしゃいました!」

とお声が掛かります。

まるで素人キャバクラやんと、心の中で思いました。

グロスを塗りなおす、ギャルちゃん。

すると...超地味なサラリーマン2名(同い年くらい)が現れました。

 

その時の、ギャルちゃんの「ちっ」という小さい声が隣の私には聞こえました。

あからさまに不機嫌になる、ギャルちゃん。

さて、よく男性側から聞く相席居酒屋エピソードで

「女性が本当に感じ悪かった」

「全然話そうとしなかった」

という情報は知っていましたが、まさか私の連れである

隣にいるギャルちゃんがその類の女性に変貌するとは思いもよりませんでした笑

地味サラリーマン2人も、すごく内気な中頑張って質問とかしてくださるのですが

横で、ずっと携帯をいじるギャルちゃんの自由さに笑いそうでした。

いや、確かに全然面白くない。つまらんよ。

だけど、もう私らいい大人やぞ!ギャルちゃん!笑

ギャルちゃんの無愛想さを取り繕う為に、より必死で盛り上げました。

やけにトイレが多いギャルちゃん

さて、その地味サラリーマン2人との会話を早く辞めたいようなギャルちゃんは

遂に、トイレに行きだしました笑

いや、ギャルちゃん、つまらんのは分かる!!分かるがトイレ行き過ぎだよ!!笑

私、ずっと一人で頑張らなきゃだよ!笑

そして、3回目のトイレに帰ってくるやいなや私に言いました。

「もうムリ!」

私は、男性陣に聞こえていないかヒヤヒヤしていました。

相席は10分で終了!

さて、ギャルちゃんが”もう店出たい”と言い出したので

私たちは相席開始してから10分程度でお店を出ました。

20代前半ならともかく

30代になって、あからさまに不機嫌になるギャルちゃん

絵に描いたように面白かったので、いいネタになりました。

「30代になったら、20代の頃のように楽しませてもらおうなんて思ってはいけない」

「30代女性は、トーク力を磨いて面白いのも魅力や!」

と持論としては思っていましたが

ある意味「頑張らないスタイル」のギャルちゃんの自由さはとても羨ましいものがありました。

そして、初対面の人やら連れの人やらに気を遣って盛り上げて、どっと疲れた私は

「これ、無料どころじゃなくて仕事としてお金貰ってもいいな」

と思いました。

MC:食育子

ゲスト:地味サラリーマン

観覧客:ギャルちゃん

みたいなねっ。

後日談「地味サラリーマンの受け身術」

 

さて、ギャルちゃんが「帰る!!」

と言ってからお店を退散した私たちではありましたが

一応、相席した地味サラリーマンたちと連絡先の交換をしていました。

すると、お店を出てしばらくしたところ

特にほとんど話をせず、内気だった方のサラリーマンから

「今日は楽しかったです。また飲み会とか誘ってください」

はい...いいですか??

私なにかの見間違いかと思いましたがもう一回読み直しますよ?

まず、楽しくもなかったですし

「誘ってください」

はぁ~い~~~~??????

何でこっちから誘わないかんのよ!!!!!!!

たいしておもろい話も何もしとらんアンタを何で私が誘わないけんとやって。

と、ギャルちゃん以上のを吐いた私。

30代毒女たちは、結局普通に飲みなおして帰ったのでした。

結論:無料より高いものはない

さて、この経験から私が改めて悟ったことが有ります。

それは、何も考えずに楽しめていた20代ならともかく

30代になると時間をもっと大切に使いたくなるわけです。

(だって体力落ちるんやもん)

そんな中、無料とは言え疲れる時間に作り笑顔で、ムリして盛り上げて頑張るくらいなら

自分でお金を払ってゆっくりと、美味しいお店で美味しい料理を楽しんだり

読書をしたりして、有意義な時間を過ごしたい。私はそう思いました。

きっとそういう思考回路が、独身をより助長させているのかも知れませんし

そういう考え方が「プライド高いわ!」と言われる原因かも知れませんが

より価値を感じる時間や環境で過ごしたい

今回の相席居酒屋に行ったことにより、より一層そう思えるようになりました笑

ありがとう。相席屋。

作り笑いで盛り上げ疲れるこんな世の中じゃ

ポイズン!!

 

The following two tabs change content below.
本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。