結婚できない人は〇〇力が足りない?!

スポンサーリンク




私が発見した既婚者にあって独身者に無いもの。

まず、最初にお伝えしたいのは、独身だから悪いとか結婚してるから良いとか

全くそういうのは無いっていうのと

結婚しているから人間ができてるとかいう訳でも

結婚していないから未熟だということも一切ない。

(いや、そう思いたい)

基本、結婚してるかしてないかは

「たまたま」である。

という持論のもと

それでももし”違い”があるとすれば「いったいどんな違いがあるのか?」

を私の独断と偏見で見つけたので書いていきたいと思います。

これは、あくまで私の話しなのですが

自分の周りの既婚者にあって自分に無いものを考えてみたんですね。

そうすると「想像力」が足りないのではないかと思ったわけです。

想像力が足りないってどういうこと?!

しかも、その想像力というのも「誰に働かせる想像力なのか」

というのが非常に重要で

私が思うに、独身の人って

”自分に対する想像力は豊か”なのに

”相手に対する想像力は乏しい”

ってそう思うんですね。

自分に対する”想像力”って?!

まず、自分に対する想像力というのは

「相手に自分がどう思われるか考える力」

ということです。

「私ってどう思われてるのかな?」

「愛されているのかな?」

「素敵って思われているのかな?」

「どうすれば可愛いって思われるかな?」

っていうのが自分に対する想像力ということです。

(もちろん、既婚、未婚関係なくそんな人ってたくさんいますが)

 

相手に対する“想像力”って?!

一方、相手に対する想像力というのは

自分がどう思われるか、利益になる下心を一切排除した状態での

「相手が今どう思っているのか」

「何をしたら嬉しいのか」

「どんな状況なのか」

を想像する力のことです。

簡単に言うと、”思いやり”ということでしょうか。

最初にも言いましたが、この時「本当に相手が求めているものを想像する力」

というのが問われるのではないかと思います。

相手に対して”思いやり”があるのと”尽くす”のは違う

さて、ここで中には

「え?!私、いつも相手のこと思いやって相手に尽くしてますけど?!」

って思う人もいると思います。

私もそういう類の人間でした。

しかし、ある時気が付きました。

「押しつけと思いやりは違う」

例えば...相手が仕事で忙しかったとします。

それで私は「忙しいから大変だろう」と料理を作って待っていたとします。

でも、本当に相手が欲しいものは”10分でもボーっとできる自分の時間”

ということも有ります。

ほら、だって料理作っておきながらこっちは

「食べたんなら美味しそうにしろや」「食器くらい洗えや」

という無言の圧力を浴びせるのですから。

しかも、その私の行動に相手が答えないと

「まったく、こんなに私頑張ったのに!!ぷんぷん」

って不機嫌になるのですから

(めんどくさい女)

それだったら”お疲れ~ゆっくり休んでね~”

の一言の方がよほど相手にとって欲しいものだったりするかも知れないのです。

このエピソードは、あくまで1事例ですが

軸が「こんなに頑張っている私を褒めてよ(自分への想像力)」なのか

「自分も好きにやっとくから、あなたも好きにやってねファイトっ!(相手への想像力)」なのか

の違いなのだと考えます。

相手に求めてばかりではないですか?!

これは、もしかしたら独身だから既婚だからは関係ないのかも知れません。

そんなくくりではなく

”空虚感があるかどうか”

というくくりの方が正しいのかも知れません。

私も、そういうタイプの人間でした。

いや、今でも変わっていない可能性もあります。

自分がどう思われるかばかり考えて、相手の欲していることを想像する力

ないかも知れないって思います。

押しつけは思いやりでなく、本当に相手が求めているものを提供するのが思いやり

言葉にしないと分からないことも多々ありますが

わからない場合は聞いて、そして少しずつ分かっていけば良いのだと思います。

 

あなたには、相手に対する想像力、磨いていますか?

The following two tabs change content below.
本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。