【男女論】ていうか恋愛でもホステス経験あったがいいのかも

スポンサーリンク




【30代の婚活】恋愛においてもホステス経験があった方が良いなと思った話

先日の記事

「栄養指導の為には水商売(ホステスさん)のスキルあるといいよね~」

って話をしたのですが

いや、30代独女の恋愛においても

特に仕事頑張ってきてなんか強くなってしまって後に引けなくなった系の女性とかだと

ホステス様のスキルは爪の垢を煎じて飲むくらいあっても良いのかと思います。

(ジェンダー論とかひとまず無視で語ってますからねー)

ってことを、ホント30過ぎて気づくんですよね...

では、どういうポイントがそうなのでしょうか、ピックアップしてみたいと思います!

①まず、とっても可愛げがある

まず、ホステスさんってお客さんが欲するものや「言ってほしい言葉」を

すぐ察知して提供するだけでなく、褒め上手でそしてとっても可愛げがあるんです。

私は、昔からカタブツなタイプの女性だったので、そういうのを見てただの”僻み”から

「男に媚びなんか売りたくなーーーーーい」

って頑なに嫌がっていたのですが

まず男性か女性かで態度を変えて意地を張る時点で

『めちゃくちゃ異性、意識してんじゃーーーーーん!!!笑』

って気づきました。

そして、いろいろ経験を積んだり学んだりした結果

男性って実は女性よりも繊細で傷つきやすいことも分かったんです。

なので、可愛らしく接することで人間関係がスムーズに進むならそれはとっても得なのでは?

別に、ぶりっ子しろってわけではありません。笑顔だったら良いんですよ。

②色気がある

これも、ホステスさん、夜のお仕事の方ならではのイメージですが

ある程度の”色気”ってあっても良いと思うのです。

今まで私は自分自身の「女性性」を否定していた為

胸や首元を隠すようなカジュアルな服装を選んでいました。

しかし「綺麗になりたい!」と思って色々と試してみると

その自分の女性性を受け入れて”女性らしい服装”を選んだ方がより綺麗度が増すと考えました。

身体のラインが出るような服をチョイスするので、スタイルも変わります。

結果、自分の為になるんですよ。

③甘えることが上手

これも、①の可愛げと似ていますが 仕事大好き系の女性って

「甘え下手」が多いんですね。それはしょうがないと思います!

だって、甘え方知らないんだもの!!!!( ;∀;)

...しかも、自分の実力や努力で這い上がってきたから

どっちかというと”人に甘えて与えてもらう系の女”のこと馬鹿にしてますもん。

心の奥底ではね笑

だけど、仕事ではそうでも、プライベートだと甘えた方が得だと思うんですよね。

(っていうのを、30過ぎてやっとわかったよ笑)

本当は自分でやった方が早いのもわかってるし、全部できちゃうかも知れませんが

真の賢い女性ってそこもうまく”できないフリ”出来るんじゃないかと思うわけです。

人にお願いできれば、いろいろと楽になりますよ!

(そして、男性も甘えられると期待に応えてくれること多し)

④尽くし過ぎない

はい、これ当てはまる人、手を挙げましょう~!!!笑

これも、仕事頑張ってきた強がり不器用女性の特徴なのですが

「つい、尽くしてしまう」んですよねー。

料理作ったり、掃除したり、相手に予定を合わせすぎたり

色々と頑張り過ぎちゃうんです。だけどホステスさん想像してみてください。

尽くしていますか??どっちかというと「おねだり」していますよね??

わがまま言いまくれってわけではないんです。だけど、やり過ぎるとこっちが疲れちゃいますよね。

(しみじみ)

⑥口うるさくない

ま、これはねホステスさんはお仕事だから仕方がないですよね

もしかしたら、仕事ではうまくできてもプライベートは下手っぴなお水の方もいらっしゃるでしょう。

しかし、男女関係における「女の口うるささ」って披裂を生むきっかけとなり得るんですよね。

言いたくなる時もあります、えぇ、私どちらかと言うと、いや、言わずもがな

”めちゃくちゃ口うるさい、文句の多い女”ですが笑

でも、これが上手くいかなくなる大きなポイントだと思うんですよね。

口うるさく「靴下は洗濯機に入れなさいよ!」とか言いそうになったら

ホステスさんが何て言いそうか、なりきって言ってみると良いかもしれませんよ?

【今からでも遅くない!!!振る舞いだけでも真似させて貰おう!】

というわけで、あえてのプライド高くカチカチになってしまった

30オーバー女性だからこそ、あえてホステスさんのような女性らしく可愛げのある態度で

相手が何を求めているのか、察知する能力って大事だと思うのです!

決して、自分を曲げろとかそういうわけではありません。

だけど、結局そういう振る舞いを意識するということは

〇可愛らしく

〇笑顔で

〇一緒にいたくなる

という結果になるのでは?

と思うのです。

...というわけで、私もまだまだ独身ですし偉そうに言える立場ではないのですが

ちょっと愛嬌よくして、お願い出来るように練習していこうと思います!笑

The following two tabs change content below.
本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。