「ゼクシィ」「ペアーズ」アプリ婚活をして分かったこと②.

スポンサーリンク




婚活アプリを1ヵ月で辞めたあとのはなし。

 



「ゼクシィ」「ペアーズ」アプリ婚活をして分かったこと①。

・イイネ数(700)に調子こく

・めっちゃ足きりしまくる

・実際に会う前にドタキャンされまくりで凹む

・実際に会っても感触あまりよくなくて凹む

・自分が本当に結婚したいのかどうかよく分からなくなる

という結論に至り、退会することになったのですが

やっぱり何だか悔しくなって、1週間でまた別の婚活アプリでリベンジしました笑

それが、最近電車の広告でもよく見るようになった

ゼクシィ恋結び。

ゼクシィと言えば、長年付き合った彼女の家にふと置いてある雑誌で男が

「覚悟を決めさせられる」

という定番の結婚雑誌ですが、もう「ゼクシィ」という代名詞として使えるくらい名前は有名です。

そのネーミングを利用したリクルート社のアプリ。種類は2つあって

恋愛向けの「ゼクシィ恋結び」と

婚活向けの「ゼクシィ縁結び」とがあり

私は今回、ほぼ無料の安い(年間100円)「恋結び」の方に登録してみることにしました。

その初期判断がそもそも間違っていたとも知らずに...笑

ゼクシィ恋結びの仕様は?

ちょっと前にペアーズをやっていたので、ゼクシィ恋結びの操作方法は特に難しいこともありませんでした。

敢えていうなれば、ペアーズの場合は一度マッチングして2,3回メールのやりとりをすると

 

★ペアーズ★

相手の方が「いつログインしたのか」はもう見えなくなる

のですが、ゼクシィ恋結びの場合は、何度もやり取りをした後でも常に「ログイン何時間以内か」が表示される為

「コイツ、俺のメールには返さないのに、常にログイン状態じゃんよ!」

とバレてしまうことです。

また、私の感覚としては(食育子調べ)ペアーズよりも”イケメン率が高い”と思ったのですが

「え、こんな俳優みたいなイケメンからイイネきちゃう??」

と思ってウハウハでマッチング成立しても、すぐにLINEに誘導する業者だったりしました。

なので個人的には”ペアーズよりもまだ業者が多い”といった印象です。

(LINE誘導を断ると即ブロックされたので通報されない為だと思います)

ゼクシィ恋結びの特徴は?!

ペアーズにはなくて、ゼクシィにはある特徴の1つとして

「ご近所さんで登録している人がわかる」という仕組みです。

”つながり”検索で出来ます。

私は家がどこら辺か知られるのが怖いなと思ったので

その設定は出てこないようにしましたが

「近所じゃん、飲みいこーよ!」みたいに出来るという意味では

共通点を見つけだしやすくて良いのかも知れません。

今回は詐欺写真でなく「気さくなそのままの写真」をTOPにしてみた

さて、前回ペアーズに登録してみた際にあまりにも現実と違うような写真を貼って

リアルにあったときにガッカリされてしまったので

今回は、「より自然な」「気さくでカジュアルな」写真にしてみました。

(ジュース飲んでるところ)

”それでも良い”って言ってイイネをくれる人なら、ありがたいからです。

ゼクシィ恋結びをやってみての感想は?!

私個人としては、ペアーズよりもやってみて楽しかったのですが

(イケメンが多かったから)

そもそも、結婚ではなく恋愛目的の「恋結び」を選んでしまった時点で

会う人はちょっとチャラめの人が多いといった印象でした。

(イケメンだから?)

あと、飲んだ後にいきなりお尻を触られたり、割り勘のくせに帰り道でスッと手をつないでくるなど

なんか体目的っぽい人多い

登録する場所間違えた~!!!笑

と思ってでも30過ぎてそういう風に見てくれてありがとうと逃げながら、帰りました。

そして疲れ切った私は、1カ月も経たないうちにまた退会。

ゼクシィ恋結びに1ヵ月登録してみての結果

さて、ゼクシィ恋結びはペアーズに比べて登録者数は少ないにも関わらず

「イイネ」を押しやすいシステムだからなのか

またもや戦略的なプロフィール文章だからか分かりませんが

・イイネ数800人以上

・マッチング20名程度

(こちらからはイイネしてない)

・実際に会った人4名

・カップルになった人数 ゼロ

結果、こちらも成果ナシ!で終わりました。

(ちなみに、かなり昔の元カレが私と気づかずにイイネしてくるという珍事件も)

合計2カ月間アプリ婚活をして悟ったこと

さて、私はペアーズで1ヵ月、そしてゼクシィ恋結びで1ヵ月登録し

合計2カ月間、手軽なアプリ婚活をやってみたのですが

良かったことと悪かったことをまとめていきたいと思います。

◆良かったこと

・世の中にはまだ出会いがたくさんあると励みになった

・30歳過ぎてもまだ出会いはあると励みになった

・高スペックな人もたくさんいると励みになった

・久々のデートでドキドキできた

結論:励みになった

◆悪かったこと

・いくらスペックが高くても話が合わない人が多い

・話が合ってもライフスタイルが合わない人も多い

・色んな人とのやり取りに疲れた

・仕事中も気になるのが面倒

・アプリだとお互いの価値を低く感じてしまう問題

・アプリだと「他の人とも会ってるんでしょ?」と最初から不信感を抱いてスタートしそう

・セルフイメージが下がるし、上手くいかない度に落ち込む

結論:ライフスタイルも話も合う人を見つけるのって難しいのね!

↓結果、仕事に支障が出そうだから、単純ですが

それならいいや!!!(いらない)となりました。

多分わたしがきっとそういう優先順位なのだということです。

そして最後に..

「自分は、まだ色々と相手を探す時期じゃないんだな。まだ仕事やっていたい時期なんだな」

と悟ることが出来ました。

2ヵ月間もやって、特に成果は出ませんでしたが

相手を見ることで自分自身を見つめなおすきっかけにもなりました。

また、婚活を頑張れば頑張るほど

「てか、そもそも何で年齢という縛りに踊らされてるんだろう?」

とバカバカしくなってしまったのも理由の一つです。

出産ということを考慮すると生物学的には確かに、期限はあるのかも知れない。

だけど、「この人と一緒にいたい」という”愛する気持ち”が先にあるものなのに

なぜ不安な気持ち”で動いていたのだろうか。

結論:ま、出会うときに出会いますって~!

というわけで、私の出した結論は

「その時が来るときに来るだろう」

ということです。

一応、行動してみたのでもう後悔はないです!

そして行動してみることで、自分の優先順位を知ることが出来ました♪

や、決して結婚願望がなくなったわけではありませんが

相手のことが気にならないくらいの自分になるべく

やりたいこと(今なら仕事)をやっていこうと思います!

The following two tabs change content below.
福岡出身の食べることが大好きな管理栄養士。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、ヘルスケアケータリング、WEBサイトの編集長など 「誰でもカンタンに今日からできる食改革の方法」を伝えることが楽しくてやっている。お酒も好き。 ”話せる管理栄養士”ってハードル上げたがめちゃくちゃ噛む。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

福岡出身の食べることが大好きな管理栄養士。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、ヘルスケアケータリング、WEBサイトの編集長など 「誰でもカンタンに今日からできる食改革の方法」を伝えることが楽しくてやっている。お酒も好き。 ”話せる管理栄養士”ってハードル上げたがめちゃくちゃ噛む。