話題のダイエット法「マクロ管理法」を管理栄養士が分析してみた

スポンサーリンク




話題のダイエット法「マクロ管理法」って何?

マグロじゃないよ!笑

マクロだよ!笑

そもそも、この「マクロ管理法」というのは

Twitterでも非常に人気でフォロアー数も28万人の

Testosteroneさん、考案する”筋トレ”をメインとしたダイエット法のことです。

周りで筋トレをやっている人も多く、非常に人気なので、「筋トレ最強の食べ方」を早速読んでみました!

↓↓

マクロ管理法の考え方

マクロ管理法は非常にシンプルです。

「マクロ栄養素」=つまりエネルギー源となる「三大栄養素」のバランスを重要視して

個人個人の「身長」「体重」「生活活動強度」「目的」「年齢」に合わせて

自分がどの栄養素をどれだけ摂取すれば良いのかをちゃんと計算して

その通りに食べていこうという方法です。




実際の栄養学との違いは?!

マクロ管理法と、我々管理栄養士が提案している一般的な「栄養学」との違いは

”PFCバランス”です。

PFCバランスとは、P「タンパク質」F「脂質」C「炭水化物」の割合のことで

つまりマクロ栄養素のバランスということなのですが

一般的な栄養学で提案するマクロバランスが

タンパク質15~20%

脂質20~25%

炭水化物55~65%

に対し、マクロ管理法では

タンパク質 約37%

脂質 約25%

炭水化物 約37%

と、タンパク質の比率が増え炭水化物の比率が低くなっているんです。

(ピンクが炭水化物、青緑がタンパク質、残りが脂質です)

それって栄養学的にどうなの?!

 

では、この割合が違う事によって健康に問題はないのか

そして栄養学的に問題がないのかを分析しますと

現在、腎機能が低下している方、便秘気味の方はあまりおススメできませんが

完全に糖質抜きする糖質カットに比べれば、まだ良いのかも?

と思います。

(あと、お肉やお魚を食べて胃もたれする方も向いていないかも)




≪関連記事≫

話題のマクロ管理法で管理栄養士がダイエット献立を作ってみた(3日分)

話題のマクロ管理法で献立つくってみた

炭水化物を減らすことによって実質的に食物繊維の摂取量が減少しやすくなり

便秘になる方は多いので、そこの調整もする必要が出てくるでしょう。

動物性たんぱく質の量が増え、食物繊維摂取量が減ることで

腸内環境も悪化しやすくなることも考えられます。

納豆、味噌、お酢、海藻類などを積極的にするなどして対策する必要があるでしょう。

良い点は「自分の選ぶ食品のことを意識できるようになること」

 

マクロ管理法の良い点は

「今自分が選ぶものは、どんな栄養素が含まれているのか意識するようになること」

だと思います。

加工食品、市販の食品を購入する際にも

「糖質は何グラム入っているかな?」

とか

「このメニューって、意外と脂質多いのね?」

とか

成分表を確認しながら行うので、数値的な感覚が身につくかと思います。

また自分自身が一体どれくらいのカロリー、そして三大栄養素のバランスで摂取する必要があるのかも

知れますので、普段ぼーっと食べていると

如何に糖質と脂質が多いのか(そしてたんぱく質は少ない)

ことが分かります(特に外食は気を付けないと糖質と脂質の割合がすぐグーンと上がります)

私も、このマクロ管理法の計算式から

自分の摂取カロリー、またマクロ栄養素のバランスを割り出しましたが

あまりの低さと実際の摂取量との差に愕然としました。

なので、「自分の摂取カロリーを知ってみたい」「選ぶ食品の栄養素を意識してみたい」

という方には、向いている方法だと思います。




実際に、マクロ管理法から自分の為のオリジナル献立を作ってみた

自分の摂取カロリーやマクロ栄養素のバランスを計算してみて

管理栄養士として「実際に何をどれだけ食べたらよいか献立を作ってみよう」

と思い立ち、作成してみましたので

次のブログで「管理栄養士がリアルにマクロ管理法にづいて自分のダイエット献立を作成してみた」

を紹介していきたいと思います!

話題のマクロ管理法で献立つくってみた

話題のマクロ管理法で管理栄養士がダイエット献立を作ってみた(3日分)

話題のマクロ管理法で管理栄養士がさらにダイエット献立を作ってみた(アクティブ度 中)




The following two tabs change content below.
福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。