食事療法で効果が出るものと出ないものの差

スポンサーリンク




食事療法で効果がでた理由とは?!

人は食べたもので作られている

というのは紛れもない事実だが

ちゃんと食べたものが消化されて吸収されて

自分の体質に合っていたかどうかまで考える必要がある。

よく

「私は〇〇法という食事療法で、改善しました」

とか

「私は〇〇ダイエット法で痩せました」

とか言うけれども

それは、たまたま自分の体質に合っていただけ。

合わない人も当然いるわけだし

全員に合う方法というのは難しいだろう。

つまり、結論をいうと

「ちゃんと自分の体質に合っているのか」

を確認する必要がある。

どんな食材も、合う人と合わない人がいる。

食べすぎだと、良くない。

食べるタイミングや時間も関係がある。

なので、巷の情報を信じすぎず

自分の胃腸だったり体調を意識する。

「これ、食べるとなんだか疲れる」

という食材も、きっと意識すれば見つかるはず。

あとは、一時的に元気が出てもそのあとどっと疲れるとかもね。

つまり、自分の体を意識しようということ。

 

 

The following two tabs change content below.
本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

本名「川村郁子」福岡出身。管理栄養士なのにお酒と美味しいものが大好き。 栄養専門講師や、ラジオDJ、食育イベント、WEBサイトの編集長、テレビショッピング出演などを通して 「お酒も美味しいものを食べながら太らない方法」を伝えている。 ちなみに、博多弁はリクエストがあればバリしゃべるけん。